So-net無料ブログ作成

亀田和毅、世界戦の結果は判定勝ち!戦績は? [スポーツ]


史上初の3兄弟世界王者が誕生しました。

WBO世界バンタム級タイトルマッチがフィリピンで行われ、
WBO世界バンタム級5位の亀田和毅が、2004年アテネ五輪フライ級8強の
輝かしいアマチュア実績を持つ同級王者のパウス・アンブンダを判定で破り、
日本人初のWBO世界王者に輝いたのです。

試合は、徹底したガードで、接近戦を仕掛けてきた王者に対して、
亀田和毅は落ち着いてクリンチであしらいながら、
左フックや右カウンターをクリーンヒットさせて、
敢えてKOにこだわらずに、試合の主導を握ることに成功。

亀田和毅は、軽快なステップを刻みながら、連打を決めて、王者をスリップに
追い込むなど、終始、試合をリードしました。

ジャッジは、3-0で、3人とも4点差つけての勝利です。

亀田和毅 世界戦 結果

これまで、亀田和毅の戦績は、28戦全勝、その内18KOでの勝利です。

2010年の秋に、兄の亀田興毅のWBA世界バンタム級王座決定戦が
決まる直前、末っ子の亀田和毅は、父親の亀田史郎氏に世界戦がやりたいと、
はやる気持ちを抑えきれずに、直訴したと言います。

それから2年以上の我慢の末の世界王座奪取で、亀田和毅はもちろんのこと、
父の史郎氏は感慨ひとしおだったと思います。

亀田3兄弟の末っ子の亀田和毅には、さて、彼女はいるのでしょうか。
いろいろと調べましたが、これといった情報はありませんでした。

いろいろとバッシングされる亀田家ですが、今回の亀田和毅の世界戦での
王座奪還という結果は、亀田和毅にとっては自信につながり、
また、さまざまな重圧を払いのけての勝利は、またとない経験だったと思います。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright(C) 最新のニュースや話題の芸能情報! All rights reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。