So-net無料ブログ作成
検索選択

マダニに刺されたら?感染症の症状と人への感染について [病気]


マダニを媒介として感染するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)で、
現在、マダニに刺されて感染したと思われる人が15人となり、
その内8人が死亡しています。

SFTSウイルスは最近見つかったウイルスではなく、以前から日本に
あった感染症で、それが最近、マダニがSFTSウイルスの媒体になっている
ことが判明したのです。

マダニに刺されたらば、無理矢理にマダニを手で引っ張って
取ろうとしてはいけません。

無理にマダニを取ろうとして引っ張ると、
マダニの口の部分が皮膚内に残り二次感染を引き起こします。

マダニの取り方は、ワセリンをマダニの上に塗って窒息させます。
そうして、マダニを取ってください。

マダニに刺されたら 症状 人

SFTSウイルスの潜伏期間は、6日~2週間と言われ、
SFTSの症状は、発熱、下痢、嘔吐、腹痛、下血、頭痛、筋肉痛、
のどの痛み、咳、意識障害、痙攣、リンパ節腫脹、血小板や白血球の減少
などがあります。

致死率は、約12%で、8人に1人が死亡する計算になります。

現時点では、ワクチンや特効薬はありません。
そのために、予防することが大切です。

1.キャンプ場や登山、農作業中には長袖、長ズボンを着用し肌を露出しないこと
2.草むらなどに直接座らないこと
3.帰宅後衣服などにマダニが付着していないか全身を確認する
4.ペット(犬など)は草むらに入れないようにする
5.ペットは動物病院でダニ予防の薬で対処する
6.感染者の血液、体液による接触感染に気を付ける

以上のことを注意してください。

マダニに刺されたなら、無理やりマダニを取らずにそのまま皮膚科に行き、
そして、もし発熱などの症状が出たならばSFTSを疑ってください。

現時点では、SFTSの特効薬やワクチンはありません。

死亡率も8人1人の割合で亡くなる計算になりますので気を付けてください。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright(C) 最新のニュースや話題の芸能情報! All rights reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。